全く勉強しないで受かる!【介護福祉士直前対策】

スポンサーリンク

全く勉強しないで本試験に臨まれる方も多いと思います。

 

実際に全く勉強をしないで合格している方も多くいるでしょう。

 

 

 

社会福祉士では、さすがに無勉強は聞いたことはないですが(数日勉強のみという知り合いはいますが)、

介護福祉士合格者からは結構話を聞きます。

 

 

 

 

 

勝手に推測しますが、そういった方は国語が得意です(理由は後ほど)。(当然カンや運もいいですが・・・

 

 

 

 

 

 

勝てば官軍、負ければ賊軍」という言葉があるように、試験には受かれば良いのです。

 

 

 

_20160106_171208

五時レンジャーイエローの必殺技

イエロータイフーン2002」!

 

 

 

 

 

なぜ全く勉強しなくても受かる方がいるのかというと、介護福祉士の試験は用語を知らなくても解ける問題が多くあるからです。

 

 

今回は、全く勉強をしないで試験に臨む方が少しでも合格率を上げられる方法を提案していきます。

 

 

 

 

 

 

 

用語を見ずに文章を意識する

 

全く勉強をしないで試験に臨んでいるということは、学校または業務のなかで知った知識だけで挑むということです。

 

 

学校でしっかりと学んでいればそれなりの知識がついていると思いますが、問題は実務経験3年以上での受験者です。

 

 

 

 

定番の用語はもちろん聞いたことはあるでしょうが、通常であれば(業務の中でテキストなどは使わないので)わからない言葉や用語がたくさんでてくると思います。

 

 

 

 

 

そこで用語についていくら考えても答えは出てきません。

 

 

むしろ用語よりも文章を意識することによって正答率を上げるよう努めましょう。

 

 

 

 

実は誤肢(×となる選択肢)を作るというのは結構難しいものなのです。

 

簡単に嘘だと見破られるわけにはいきませんから。

 

そして国語が得意な人は、試験作成者が苦し紛れに作った誤肢を見破ることが得意なのです。

(もちろん全てではありませんが)

 

 

 

 

 

得点アップのための有効な裏技!

 

難問の正解率を上げるテクニック

 

問題文を見なくても解ける問題がある!?

 

選択肢を切って正解率を上げる!

 

 

などの記事にも載せていますが、

 

①「~ない」はバツ法

 

②「反対文法」

 

③「事例問題テクニック」

 

 

などを活用すれば、勉強していなくても解ける問題がたくさん見つかるはずです。

 

 

これらの方法も国語レベルのテクニックを使っているのです。

 

 

さらに、時の矛盾や時代の流れの矛盾におかしいと気づくセンスがあるかどうかも重要です。

(これはすぐに身に付けられる訳ではありませんが、注意してみましょう。)

 

 

 

そういった問題を確実に正解し、あとは「選択肢を切る」テクニックを使いつつ、正答率を少しでも上げましょう。

 

 

 

 

 

即ち、「ブログを閲覧するだけで、得点が上がる(?)」お得で楽な方法です。

 

 

 

しっかりと勉強して臨んでいる方の得点アップにも当然使えますので、今一度ご確認いただければと思います。

 

 

 

以上のような解法テクニックは、頭に入れておかないと試験当日で使うことはできませんので、

暇な時間を使って(難しいですが)記事を読んでおいていただきたいと思います。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク