H30年中央法規社会福祉士試験ワークブック発売開始!テキストに迷うならとりあえずこれを買え!

スポンサーリンク

H30年試験の中央法規社会福祉士受験ワークブックが発売されました。年度で言うと29年度ですね。

 

 

「ワークブックってなんだ?」という方、当然です。「ワークブック」なんてタイトルはとっても分かりづらいですよね。

 

 

 

言い換えれば「テキスト」です。私の考えでは、社会福祉士受験に関してのテキスト教材はこれ一本(上下あり)で充分です。これ以外に買う必要はありません。

 

 

 

 

問題集(過去問or模擬問題)についてはもちろん必要ですが、「読んで勉強する」テキストタイプの教材はこれ一本で充分なのです。

 

 

 

なぜか?それは「実績があるから」です。

 

 

 

受験生が教材を選ぶ際、「実績」が重要と言えます。

 

 

 

「自分に合った物」じゃないの?と思うでしょう。それが一番良いのも事実です。

 

 

しかし、「自分に合ったテキスト」を探すことはある意味「ギャンブル」とも言えるのです。

 

 

当然ネットでは本の内容も分かりませんから本屋を巡るわけです。各出版社から色々な教材が出ています。まだどんな試験かも分からない状態で一番自分に適した教材を見つけることができますか?非常に困難だと思います。

 

 

となると一番安パイなのは「実績があり評価の高い教材」に決めてしまうことです。

 

 

 

確実に合格者を生み出し、多くの合格者が認めている教材を何も考えずに買ってしまえば良いのです。楽ですね。

 

 

 

この社会福祉士受験ワークブックの何が良いのかは別記事を読んでいただければ説明してあります。読まなくても全然問題ありません。

 

ちなみにこのブログの社会福祉士カテゴリーはこの中央法規の教材を前提に話を進めているところが多いので、このブログの勉強方法を参考にしていただけるなら連動性があって分かりやすいですね。

 

 

社会福祉士試験(介護福祉士試験も)はとにかくテキストを一本に絞ることが重要です。

 

色んなテキストに手を出してしまうと失敗に終わる危険性があります。

 

 

 

 

このワークブックであれば、「上下巻繰り返し読む」。これで「読む」勉強としては終了です。

 

ここに書かれている箇条書きを「受動的に」読んで覚えれば良いだけです。

 

 

 

「丸覚えでいいの?」「内容が理解できなくていいの?」

 

 

 

 

オールOK。オールグリーンです。

 

 

 

ただし、単に試験合格が目的でなく、「より良い社会福祉士になるべき」と考えている方は絶対にこのワークブックを手に取らないでください。何の役にも立ちませんから。

 

 

 

しかし、「単に試験に合格するため」なら、どのテキストよりも優秀だと思いますので安心して購入してください。

 

 

※このテキストでの勉強方法はこちらの記事等を参考にしてください。

社会福祉士試験対策はこのテキストを使え!【おすすめは中央法規】

 

 

 

さあ、試験までまだ半年以上!まだまだ勉強を始めるには早いかも!!

 

 

今日の記事まあまあ良かったぞ。という方投票お願いします! にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

 

 


“H30年中央法規社会福祉士試験ワークブック発売開始!テキストに迷うならとりあえずこれを買え!” への4件のフィードバック

  1. 健康一番 より:

    早速、3冊とも、購入して勉強しています、
    只今、アプリの過去問集も買い、そちらを
    主にやっています(^^)

    • blue より:

      準備万端ですね!
      ただ一つ注意点は、教材は広げすぎないこと。それだけあれば十分なのでチェック系や一問一答系は買わなくても大丈夫です!「繰り返しやる」に重きを置くと良いと思います!

      • 健康一番 より:

        こんばんは!
        模擬問題集も購入し
        準備万端です

        気を抜かずにやっていこうと思います。

        • blue より:

          個人的には模擬問題集の方が使いやすいと思います。過去問は解説はないですがネットに載ってますしね。解説をしっかり読めば実力アップに直結するので地道に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク