介護福祉士おすすめ勉強方法!【短期間でも合格可能な繰り返しプラン!】

スポンサーリンク

介護福祉士筆記試験まであと少し

 

焦り始めている方もいるでしょうし、中には未だ勉強を初めていない方もいるでしょう。

 

 

「介護福祉士試験なんて一気に集中してやれば楽勝だよ。」

child-1529218__180

 

 

そんなアナタ。

 

 

 

 

その通りです。

1178409

 

 

 

しかし、どんな短期集中型の勉強方法をとるか、頭に描けていますか?

 

 

 

 

1ヶ月から2カ月で、ゆうゆうと合格をするには次の条件が必要です。

 

 

一日に勉強する時間が充分にある(5時間とか・・・)。

 

 

 

 

さすれば1ヶ月の勉強でもゆうゆう合格ラインに到達出来るでしょう。

 

 

 

人によりますが。

sketch-1452757825133

 

 

 

さて、そんな条件がない場合(一日一時間ないし30分位しか勉強に費やせない)には、誰でも1ヶ月で合格出来るという訳ではありませんが、可能性を高める勉強方法はあります

 

 

 

介護福祉士試験において、短期間集中型の勉強方法でおすすめなのは

 

「問題集(過去問or予想問題集)を繰り返しやるという勉強方法」です。

 

 

 

社会福祉士試験と比べると難問が少ないと言われている(あくまでも言われているだけですよ)介護福祉士筆記試験では、深く勉強していないと解けない問題はほとんど出てきません。

 

 

 

あることはあるでしょうが、そんなの

 

無視

 

です。

nan-province-1550644__180

 

 

 

とれるところをしっかりとっておけば余裕で合格ラインに到達できる試験なので、短期間集中型の勉強方法をとる方はしっかりと割り切りましょう。

 

 

 

「そんなこと言ってもくまなくやらなくちゃ不安だし、とりあえずテキストをしっかりやるよ。」

 

あてもなくそう考えている方は、落ちる危険があります。

 

%e5%8d%b1%e9%99%ba

 

 

 

問題に慣れ、問題の傾向と解答のパターンがわかってしまえば合格ラインに達することができるのが介護福祉士試験です。

問題文を見なくても解ける問題がある!?【介護福祉士事例問題】

 

 

 

勉強する時間もなく、どうしていいかわからないのにとりあえずテキストから入ろうとする方が危険なのです。

 

 

 

「でもとりあえず、今回は時間がないから記念受験の気持ちで受けるから、やっぱり基礎をやるよ。」

 

 

 

 

介護福祉士筆記試験に記念受験などありません

 

 

 

残り時間が1か月だろうが1週間だろうが一回で受かってしまいましょう。受験料のムダです。

n695_ichimanensatu_tp_v1

 

 

 

そのためには、やはり残り時間と相談して割り切った勉強方法が有効なのです。

 

 

 

もちろん勉強時間をたくさんとれる方はテキスト系をやるに越したことはありませんが、

次回の記事では、残り一か月、一日に勉強に使える時間一時間と仮定し、シミュレーションをしてみますのでご覧ください。

 

 

 

今日の記事まあまあ良かったぞ。という方投票お願いします! にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク