海事代理士試験の概要と合格率の検証【その難易度は?】

スポンサーリンク

この記事では、試験の概要、五時レンジャー指数(管理人が独断で評価した目安)、

 

最安最短で合格するためのオリジナル勉強法を記載していきます。

 

 

 

 

 

【試験概要】

 

まずは試験の概要をご覧ください。

国土交通省「海事代理士になるには」

 

 

【五時レンジャー指数】

 

「難易度★★☆☆☆」(あくまでも目安です)

「勉強に必要な期間 1ヶ月~3ヶ月」

 

 

試験の合格率は例年60%~80%程度の範囲内なのですが、海事代理士試験は非常に特殊な試験です。

 

特殊というかマニアックです。

 

試験会場には、スーツの方もいればいわゆる海の男的な真っ黒に日焼けした方もいて

 

異様な熱気に包まれています。

 

 

 

しかも、筆記試験では全国11か所しか会場がないことに加えて、

 

なんと2次試験の口述試験では国土交通省本省でしか行われないのです!

 

 

 

 

自分は初めての体験でとても興味深いものでした。

 

全国の海の猛者を目指すもの達が仕事も漁も休んで国土交通省に集結するのですから。

 

 

 

自分はその勢いに負けて口述試験を一度失敗していますが、

(海事代理士試験の体験談!【海事代理士合格マニュアルの使い方!】)

 

その時の反省もふまえながら最安最短で合格できる勉強法を提案していきます。

 

 

今日の記事まあまあ良かったぞ。という方投票お願いします! にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

 

 


“海事代理士試験の概要と合格率の検証【その難易度は?】” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク