社会福祉士試験の概要と合格率の検証【その難易度は?】

スポンサーリンク

この記事では、試験の概要、五時レンジャー指数(管理人が独断で評価した目安)、

最安最短で合格するためのオリジナル勉強法を記載していきます。

 

※試験の類似性により、介護福祉士試験対策と重複する部分がありますのでご了承ください。

 

 

 

【試験の概要】

まずは社会福祉士試験の概要です。

 

社会福祉振興・試験センター

 

 

【五時レンジャー指数】

「難易度★★☆☆☆」(あくまでも目安です)

「勉強に必要な期間 1ヶ月~6ヶ月」

 

 

社会福祉士試験概要ページにも合格率の推移が載っていますが、

合格率は20%台後半位となっています。

 

 

受からせる試験ではありません。

 

 

介護福祉士試験と比較して難易度が高いのは、問題が若干難しいということもありますが、

範囲が広範であるということだと思います。

 

 

ただし、受験者は福祉系の学校卒業者または福祉系従業者がほとんどとなります。

歴戦の資格取得マニアなどはいないと思います。

 

 

合格率の内訳ですが、合格率は断然学生および新卒者が高くなります。

 

これは、学生は試験慣れしているため、勉強法に対しての知識が社会人より高いためです。

 

逆に社会人の受験者の中には久々の試験に挑戦、という方も多いと思います。

 

また、社会人は仕事の傍ら勉強をすることになるため、勉強時間が学生に比べ少なくなります。

 

 

 

でも心配しないでください。

皆さんには後ほど、五時レンジャーがたくさんの資格試験で得た経験を生かしたオリジナル受験勉強法を提供します。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク