介護福祉士試験は選択肢1をはずせ!?【選択肢に迷った時は】

スポンサーリンク

選択式の試験ではよく「迷ったら1を外せ」などと言われていますが、

 

介護福祉士試験の場合はどうでしょうか。

 

独自に過去三年の正答肢の個数を調べてみました。

 

 

 

 

 

介福 1肢 2肢 3肢 4肢 5肢
25年 23 26 24 22 25
26年 20 25 24 28 22
27年 22 19 27 28 24
3年計 65 70 75 78 71
割合 18.1% 19.5% 20.9% 21.7% 19.8%

 

※携帯では表示がうまくいきませんでしたので、こちらに載せておきます。

選択肢5  平成25年25 平成26年22 平成27年24 3年計71 割合19.8%

 

 

 

こちらも社会福祉士試験と同様にやはり選択肢1の正答率は低くなっています。
社会福祉士試験と違うところは選択肢2の正答率が次いで低くなっているところです。

 

 

 

 

しかし、やはり差は小さく、気休め程度しかありません。

 

 

自分の信じた選択肢を選ぶのが一番良いと思いますが、選択肢1と選択肢3・4でどうしても迷ってしまったらこのデータを活用してください。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク