行政書士試験も選択肢1は外すべき?【行政書士試験統計より】

スポンサーリンク

社会福祉士・介護福祉士試験の5肢選択式試験では(近年は)選択肢1が一番少ないという結果がでましたが、

 

行政書士試験ではどうでしょうか。

 

 

 

実力で解ける問題がほとんどでしたら問題はないのですが、難問揃いの行政書士試験ですので、

 

最後は神頼み!といった状況になることも仕方ないと思います。

 

そういった方のためにいくらかでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

独自調査結果は以下の通りとなりました。

【選択肢毎の個数】

行書 1肢 2肢 3肢 4肢 5肢
21年 8 13 9 14 10
22年 6 14 15 12 7
23年 10 9 13 11 11
24年 10 12 9 13 9
25年 8 12 11 12 11
26年 8 12 11 12 11
6年計 50 72 68 74 59
割合 15.5% 22.3% 21.1% 22.9% 18.3%

モバイルの方障害あり・・・選択肢5は18.3%です。

※24年は没問1つあり

※独自の調査ということをご理解ください。

 

 

 

やはり選択肢1(15.5%)がかなり差をつけて低い割合となりました。

 

意外にも選択肢5(18.3%)かなり低い割合となっています。

 

 

 

社会福祉士試験や介護福祉士試験よりも顕著に結果が出ています

 

 

 

他の選択肢2・3・4は概ね同じ割合となっています。

 

 

 

 

平成27年度の試験結果が入っていない古いデータとなりますが、

 

どうしてもわからない!

 

といった場面でのみ参考としてみてはいかがでしょうか。

 

※平成27年のデータを入れた数値はご要望があれば載せたいと思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク