社会福祉士試験は選択肢1を外せ!?【解答に迷ったら】

スポンサーリンク

選択式の試験ではよく「迷ったら1を外せ」などと言われていますが、

 

社会福祉士試験の場合はどうでしょうか。

 

独自に過去三年の正答肢の個数を調べてみました。

 

 

 

 

社福 1肢 2肢 3肢 4肢 5肢
25年 24 34 40 37 27
26年 31 34 36 33 32
27年 33 34 33 33 34
3年計 88 102 109 103 93
割合 17.8% 20.6% 22.0% 20.8% 18.8%

 

※携帯での表示がうまくいかないのでこちらに割合を載せます。

5肢 25年27 26年32 27年34 3年計93 割合18.8%

 

 

やはり選択肢1の正答率は低くなっています

 

 

 

 

もう一点気づいたことは、選択肢5の正答率も次いで低くなっています

 

選択肢2~4が安定して1/5程度となっているのがわかります

 

 

 

 

 

 

しかし、やはり差は小さく、気休め程度しかありません。

 

 

自分の信じた選択肢を選ぶのが一番後悔しないのではないでしょうか。

 

 

どうしても決め兼ねる時はこのデータを頼ってみても良いかも知れません。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク