資格取得の5大メリット

スポンサーリンク

資格を取得することにはいろいろなメリットがあります。

 

 

①キャリアアップにつながる

 

仕事上必要な資格であれば、取得は必須となりますが、

持っていれば有効という資格もとるべき資格であると思います。

 

名刺に資格名が載っているだけで相手方を信用させることができるし、信頼関係を築くことにも一役買ってくれます。

 

 

 

②金につながる

 

資格を所有していることで資格手当が支給される会社もあるでしょう。

 

資格に数万から数十万の費用がかかったとしても、長い目で見れば十分元が取れるものです。

 

そのためにはできるだけ早く資格を取得することが重要となります。

 

 

 

③もしもの時のリスクヘッジ

 

もしも今の会社が倒産したり、不運にもクビになってしまった場合、どうなるでしょう。

 

今まで会社で得た信頼なども一気にゼロに戻ってしまいます。

 

裸にされて社会に投げられるようなものなので、そこで身を守ってくれるものの一つが資格となります。

(他には金、人脈等)

 

ドラクエでいうと装備みたいなものです。

 

裸より「ぬののふく」がいいでしょうし、「ぬののふく」よりは「くさりかたびら」の方が良いに決まっています。

さらに「ロトのよろい」や「ロトのつるぎ」で武装していたら、モンスターだらけの平原に投げ捨てられてもへっちゃらでしょう。

 

資格にもそれが言えます。

 

さらに独立開業系の資格を持っていれば、自営業という選択肢が増えます。

 

それだけで生活が成り立たなくても、兼業として行うことで、バイトやパートで食いつなげる可能性がでてくる人もいます。

 

五時レンジャーはなんとしても家族の平和を守らなくてはいけないのです。

 

さらに中途採用についても資格が重要です。

履歴書に何もない人と履歴書に資格が載っている人の能力がイーブンだった場合、資格が載っている人が勝つことは明らかでしょう。

 

 

 

④世界が広がる

 

一つの資格を取得することができれば、類似または同系の資格を取得できる可能性が広がります。

 

法律系登竜門の行政書士をとったのち、社会保険労務士をとるといった感じにです。

 

ちなみに行政書士は、社労士試験の受験資格の一つでもあるので、受験資格が満たなかった方でも挑戦できます。

 

 

さらにお得なことは、一つの試験を取得したのちに、何の勉強もしないままチャレンジできる資格もあるのです。

 

社会保険労務士試験に合格したならば、他の労務系民間資格には容易に合格できるものが結構あります。

 

また、行政書士に合格したならば、他の法律系の「憲法」「民法」はとても理解しやすいです。

 

勉強時間の短縮になるため、非常に有利です。

 

 

勉強法が理解できれば、全く関係のない資格試験にも有利に働くため、とにかく可能性が広がるのです。

 

 

 

 

⑤自信が持てる

 

資格を取得すると自信につながります。

 

合格率何%に受かった

 

こんな自分でも合格できた

 

という自信は自分自身にしかわからないことですが大切なことです。

 

 

例えば、法律系資格を取得すれば、素人に法律で負けるはずがありません(あくまでも自信です)。

 

介護福祉士に合格すれば、家庭の介護でもプロフェッショナルなものを提供できます(あくまでも自信です)。

 

海事代理士に合格すれば、泳げなくてもなんだか海が好きになります(個人の感想です)。

 

 

「自信を持って人生を送ろう」ということが五時レンジャーライフのテーマの一つでもあるので、

ぜひ皆さんにも5大メリットを理解していただきたいと思います。

 

資格のアビバ【資格対策講座】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク